2014年2月 5日 (水)

いくらミッドナイトカウンセラーでも、もう、寝ないとな~~(告白~など~)

でも、少しお酒を飲んだら、おしゃべりしたくなってしまった(^^ゞ

俺も、もうすぐ、戸籍上では62歳を迎える。

それで、特に俺の経験を明確にして、似たような経験をしている人たちに、声援を送りたいな~~という気持ちが高まってきた。
それで、まずは、具体的には、そういう人たちの個人カウンセリングは2割引きにしてみようかな~~~と思いついた。

俺のように個人開業のカウンセラーは、保険を適用できないので、クライアントからみたらカウンセリングの料金はそのまま10割負担、つまり全額。なので、巷よりも安めの設定をしているが、保険のきく医療の負担と比べると高額である。

俺自身も、研修の意味もあったが、毎回のカウンセリング料金を払うのは結構きつかった。(我が師匠篠崎忠男は、約40年前1時間4000円。徐々にあがり、20年前くらいには1時間1万円くらいになっていた。だが、当初稼ぎの悪い自営業の俺に対して、師匠は値上がりを割安にしてくれていた。また、日本カウンセリングアカデミーの理事長は、稼ぎの悪い俺に対して、割と高額のお手伝いをさせてくれた。)

そんなわけで、まずは、次のような俺と似たような経験者には、2割引きを実施したいという気持ちが高まってきている。

・パニック障害(小学高学年頃のビックリハウスをきっかけにした恐怖や、閉所暗闇恐怖や、電車恐怖、存在恐怖などを経験してきた)
・自死遺族(母が自殺した)
・精神障害者の兄弟姉妹(姉が精神障害者)
・不登校の子どもとその両親(娘が小2から学校を止めた)

今のところは、以上です。
役に立ちそうなお仲間がいたら、伝えてくださいね(^人^)合掌

ではでは、おやすみなさい~(^.^/~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

3月 クミコの プレイバック・シアター 開催のお知らせ

プレイバックシアターは、「参加者の誰かのストーリーを聞かせてもらい、それを、また参加者によって演じ、また、それを参加者によって味わい、楽しむ」ことを最終目標にし、そこにむかって、みなんで、様々な軽いゲームや、パフォーマンスなどを楽しみながら、最後の即興劇に向かいます。

クミコの権威的でなく、とてもフレンドリーで、楽しく、深い、プレイバックシアターをご一緒に楽しみませんか~  \(^O^)/

内なる声が、「参加したい」と囁いた人との出会いを楽しみにしています。

参加費:2000円
コンダクター(指揮者):クミコ こと 遠藤久美子
世話人:サッチーこと大沢幸夫
日時:3月15日(火)  午後2時から4時半
会場:横浜市踊り場地域ケアプラザ(3階地域ケアルーム)
    「プロセスカウンセリングの会」

会場詳細:地図http://www.city.yokohama.jp/me/izumi/hoken/odoribakeapra.html
     住所中田東1-4-6 TEL 045-801-2920
      横浜市営地下鉄「踊場駅」 ほぼ真上
     隣にデニーズ、道路をはさんで真向かいにユニクロあり。
     横浜市営地下鉄「戸塚駅」と「湘南台駅」の間、の「踊り場駅」下車

申込、問合せ:泉が丘教育心理相談所 大沢幸夫
  Eメール:UGH45658@nifty.com
 電話 045-814-6111 携帯ソフトバンク 090-1209-1287(受付午後2時から深夜2時)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

ブログ 事始め

「ブログ 事始め」ということでまず練習という感じです。こんな感じで書くとどんな風に出来るのか?まずはテストと言った感じでやってみています。

簡単に言うと、

「私たちは悪いところや間違ったところがあるわけではない。私たちは人間としての様々な経験を積んでより経験豊富でより大いなる存在になろうとしている存在である。だから、すべての経験に意味があり、その意味を与えているのも自分であり、これからどうしていきたいかを知っているのも自分自身である。」

というような見方から、自分の人生を見つめ、自分を導いていると言った感じだ。そして、カウンセリングでも、そのような見方から相談してくる人と共にその人の中から答えを見いだす手伝いをしている感じだ。

こういうことをしている中で、いろいろな経験をここに発表できればと思っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)